TEL 福岡・大分 0120-640-552 熊本・佐賀 0120-318-274 AM8:00~PM6:00

おうちの駆除やさん メール

現在30名が閲覧中です!

10分前にお見積りいただきました!

BLOG おうちの駆除やさんブログ

【ハト対策・駆除】迅速対応!安心価格!

2019.04.29

熊本県全域対応!鳩(ハト)駆除は当社にお任せください!

こんなお悩みはありませんか?

ベランダにハトが棲みついて困っている
ハトの糞の掃除が大変
ハトの鳴き声がうるさい

ハトのイメージ

ご自身で害鳥対策を行っても効果がなかった方必見!
発生状況や被害状況でも対策、駆除方法は異なりますが、
豊富な経験!確かな技術を持つハト駆除のプロが最適なプランをご提案します!

お問い合わせバナー

ハトの脅威の繁殖力

他の害鳥と比べても繁殖力が非常に高く、誕生して半年後には繁殖可能となり
なんと!! 年間7~8回繁殖 する例も確認されています。

そのため、害鳥対策の基本は「棲みつく前に寄せ付けないこと!」です。

ハトの優れた帰巣本能

以前は伝書鳩などで使用されるなど、ハトは非常に帰巣本能に優れているため、
ハトは一度自身の決めた場所で卵を産むと、何度も同じ場所に卵を産みにやってくる習性があります。

一度その場で巣立ってしまうと、どんなことがあってもその場所に帰ってきます。
巣立った後の対策が重要で、今後の営巣・産卵を防止するような対策をしなければ、何度も戻ってきては産卵される可能性があります。

ハトの執着心と縄張り意識

ハトは特にマンションやアパートのベランダや室外機周辺、その他屋外の構造物の物陰など
カラスやネコ等の外敵から卵を守れる安全な場所、ヒナへエサを運ぶのに便利な場所を選んで営巣します。
快適な場所を見つけると、巣を撤去しようが何度もやってきてしまいます。

ハトの行動パターンは、毎日同じようなもので、必ず同じ場所にとまる習性があります。
糞は同じような場所に集中してされる傾向にありますが、ハトは自分の糞の上でも
平気で生活することが可能なため、というよりもむしろ糞があると安心するようです。
そのためハトの糞を放置していると、同じ場所にどんどん糞をされる上、
ハトの糞はハトを寄せ付ける効果があるということにも繋がります。

縄張り意識が強く、巣を守ることに執着したり、他のハトが侵入してこようとすると徹底的に争います。
一度棲みついたらしつこくやってくるのも、縄張り意識の現れなのかもしれません。

ハト イラスト

平和の象徴とされる「ハト」ですが、多くの被害をもたらします!

ハトによる被害
糞害 ベランダ、ビルの屋上、店舗の看板・商品、駐車場、重要文化財などの汚染等での経済的な被害や、衛生面や景観の悪化。
鳥のフンは非常に清掃が困難であり、酸性のためコンクリートを劣化させたり、金属や塗装を腐食したりする。
鳥体 鳥がぶつかってくることによる被害がある。
バードストライクは飛行機のジェットエンジンに巻き込まれたりすることで有名だが、ビルやマンション等の構造物や車などの窓ガラスを割ることがある。
換気口や配管等に入り込み詰まってしまうなどの被害もある。
鳴き声 繁殖期や群れでいる場合など、鳴き声や羽音の被害がある。
健康被害 ハト自体や糞、巣などはさまざまな病原菌やダニを媒介し、60種類以上の感染症やアレルギーの原因となる。フンの清掃や巣の撤去時は注意して行う必要がある。

ハト被害には上記のようなものがありますが、そのうち約9割は「糞害」です。

ハトの糞害1 ハトの糞害2

自分の糞を行動パターンの目印にしていることもあり、同じ場所に集中して糞をします。
このようにして蓄積されていった糞は、さまざまな被害を私たちにもたらします。

ハトの糞害
美観を損ねる ダニなどの害虫の発生源となる
清掃が大変 病原菌を媒介する
悪臭を放つ 健康被害を引き起こす原因となる
劣化や腐食の原因となる

こうした糞害やその他の被害の対策をしたり、予防したりするには、
「早期対策を行うこと」に越したことはありません!

鳥目のバルーンやCD、磁石などご自身で出来るハト対策(その他害鳥対策含)はありますが、
ハト駆除に対する専門的な知識や経験がない場合は、一時的な効果はあったとしても長期間の被害防止は難しいことが多いでしょう。

ご自身でさまざまな対策や駆除を行ってみようとしたり、実際に剣山などを使用する場合もありますが、
素人の方がむやみやたらに行うと「鳥獣保護法」という法律で保護されているため、
種によっては許可なく駆除を行ってはいけない場合があるので注意が必要です。

調査・お見積りは無料です!!
ハト被害にお困りのお客様は、迅速に対応いたしますので一度ご連絡ください!

ハトの画像

おうちの駆除やさんではお客様第一主義としています。
お客様のご要望に出来るだけ添えられるよう休日・営業時間外でも対応できる体制を整えています。
問合せにつきましては、弊社HPのお問合せフォームに記入して頂くかお気軽にお電話下さい。

いま読まれているの記事はコチラ

LINEでご相談
電話でご相談 メニューを閉じる
福岡・大分:0120-640-552 熊本・佐賀:0120-318-274
LINE@で相談する 友だち追加する 無料相談はこちら